採用情報

saiで働く人の声

2018年入社

>新入社員の頃をふりかえって

新入社員の頃をふりかえって

入社したばかりの頃は、知らない事や分からない事ばかりで不安ばかりの日々でした。ですが、研修を通してCADの操作や生産設計について学ぶ事で現場へ出てさらにたくさんのことを知りたいと思うようになりました。
また、研修期間には同期と共に食事に出かけることでお互いの距離も縮まりました。様々な場所で働く今も、頻繁に連絡を取り合うことで信頼できる関係作りが出来てきたと感じています。

私の仕事

私は現在スタジアムの現場に携わっています。
1年目のうちは先輩方に指導して頂きながら、図面の修正等をすることの他に工事の手伝いをすることもあります。
私は、初めは先輩の指導のもと図面の修正を行い、今は屋根鉄骨の建方をするための検討用の図面を作成しています。
屋根鉄骨の検討ではARCHICADを用いて2次元では分からない箇所を3次元で検討することや、鉄骨を組む際に必要となる墨だし図の作成をしています。

saiってこんな会社です

saiってこんな会社です

saiでは、ほとんどの社員が様々な現場に出て生産設計の仕事をしています。そのため、社員同士が毎日同じ場所で顔を合わせることはできませんが、会社行事ではたくさんの方と交流することができます。
また、毎日一緒に働くことのできない分、現場は異なっていても様子を気にかけて話を聞き、アドバイスをしてくれる上司や先輩方の多い会社だと思います。

学生さんへのメッセージ

学生さんへのメッセージ

社会人になると、知らない事や分からない事だらけで不安になることも多くあると思います。私もまだ知らない事ばかりで不安になることもあります。ですが、それを支えてくれる仲間もたくさんいます。皆さんと共に成長し、楽しく仕事が出来たらと思っています。

イメージ