採用情報

saiで働く人の声

2013年入社

>新入社員の頃をふりかえって

新入社員の頃をふりかえって

新入社員のころは右も左もわからず、ただ、がむしゃらに日々を過ごしていました。もともと意匠系の学科だったためCADは使っていましたが、AutoCADとは違う、別のCADだったためAutoCADが使えるようになるところからのスタートでCAD研修を受けるまでは不安だったことを覚えています。現場でも聞くこと見ることがすべて知らなかったことばかりで勉強の毎日でした。(今も変わりませんが。。)

私の仕事

今は生産設計から、設計部に移って、設計業務補助が主な仕事となっています。基本設計図から実施設計図の作図、法規関係のチェック等が主で、時々、プラン立ても行います。生産設計のときと大きく変わったところは担当業務が基本的に、自分ひとりでこなせるものではないため、協力業者(個人設計事務所)の方に協力してもらい、依頼された図面を仕上げていくので、図面の発注マネージメント及び物件の予算管理等が求められどころです。まだ工程も予算も誰に何を頼んでいいのかもわからず、先輩の方々にサポートして頂いている毎日なのです。早く一人でまわして行けるよう先輩方のマネージメント力、技術を日々勉強させて頂いています。

saiってこんな会社です

saiってこんな会社です

saiは主な仕事が生産設計図を作図している会社です。建物を建てる現場で建物の作り方の説明書のようなものを書いています。そういうことを生業としている会社です。なので自社自体の規模はあまり大きくはないですが、大きな仕事ができます。会社内の雰囲気はとてもフレンドリーで会社規模が小さいおかげもあるのでしょうが社員同士仲が良いと思います。設計部もみなさん仲が良くて毎日楽しく仕事をしてます。ただ基本的に働き易い楽しい会社なのですが、悪い点もあります、仕事中座っていることがほとんどのため休日に運動しないと太ります。社会人になり、飲み会も増え、さらに運動しなくなるという悪循環もあり、僕は大学のころより8キロぐらい太りました。以上saiは仕事のやりがい、仕事環境の良さという良い一面と肥満体型になり易いという悪い一面を持つ会社でした。

学生さんへのメッセージ

学生さんへのメッセージ

saiを就職先の候補に考えてくださっている方へ。建築の知識は当社に入ってから勉強すれば良いと思います。わからないことは大抵のことは周りのかたに助けを求めると解決します。ただ人に聞く、伝える、ヒトと友好な関係を築けるコミュ二ケーション能力が必要となる仕事です。なので建築のことあんまりわかんないけど、ひとと話すのが好きでやる気のある方はぜひsaiに来て一緒に働いてほしいと僕はおもいます。

イメージ